FC2ブログ

直葉の同人誌(下書き)

SAOのアニメも終わって早3か月、世間ではすっかりSAO熱も冷めてきた頃ですが(そうでもない?)、それでもしつこくSAOの同人誌を描いてる今日この頃です。

シリカやリズもまだ描きたいのですが、ちょっと気分を変えて、今回は直葉の同人誌を描いています。

ようやく下書きがそれっぽくなってきたので、ご報告がてらちょっとご紹介。

お見苦しい点もありますが、下書きなのでご容赦くださいw


すぐはの薄々な絵露本0007

やはり直葉といえばこのおっぱいでしょう。

挟まないわけには参りません。

というわけで、例に漏れず、挟んでます。




すぐはの薄々な絵露本0021

なんかこう、私の絵って硬いというか、ふんわり感がないというか・・・。

がんばってふんわり肉厚にしようと思ってますが、まだまだ画力が追いつきません。

ペン入れするときにはもっとふわっと、にくにくっとした感じにするつもりです。

できるかどうかは・・・・(;・3・)~♪



すぐはの薄々な絵露本0026

せっかくのすばらしいアイテム、「制服」を使わない手はないですよね。

場所は玄関を選んでみました。




という感じで描いてます。


内容的には・・・ん?・・・アレ?

ああ、そうか。



説明できるほどの内容がない!ってことに今、気が付きました。


あえて説明すれば「キリトさんご乱心!」って感じの内容でしょうか。


いつもどおり、ページ的もストーリー的にも「 薄々 」な同人誌となっております。

せめてエロシーンくらいは濃くしたいものです。
(そこが一番薄いとか言わないで・・・)



完成はいつかな・・・4月中に出せると嬉しいな・・・。

それでは、また進展したらご報告いたします。 ノシ

ALTER FFR-41MR メイブ 雪風 〈後編〉

 前回 に引き続き、雪風ネタです。

 興味のない方は読み飛ばしてください。


 早速ですが、前回に引き続いて各巻を見ながら装備を確認していこうと思います。

 第1巻にはメイブ雪風は登場しませんので、2巻から見ていきます。



 第2巻 

 雪風1

雪風2

 雪風の離陸シーン。
 深井君が病欠のため、一人(無人)でお出かけです。
 駐機状態もカッコイイです。
 このときはミサイルとか積んでないのでガトリング砲でがんばってましたね。
 
 それにしても作画がしっかりしてますねえ。



 第3巻

雪風7

 トム・ジョン大尉と空中空母バンシーⅣへ向かう雪風。
 装備は機体中央にドロップタンク、主翼下にミサイルAAM-Ⅶのようです。



雪風8

 巨大な原子力空中航空母艦バンシーⅣ。
 ともかくデカイ!そしてカッコイイ!
 こういうちょっと変わった形をした戦艦も好きです。
 映画「エイリアン」のノストロモ号とかスラコ号とか。
 
 これも発売してくれませんかね・・・需要ないか?


 
雪風9

 着艦シーン。
 このあと、あんなことやそんなことがあり・・・。



雪風10

 離陸シーン。
 この後バンシーⅣ君の運命は・・・チーン (-人-)ナームー...

 ・・・・・アレ?結局、ミサイルとかの装備使わなかったね。




 第4巻

 個人的に一番好きなのはこの4巻です。

 雪風11

 エンジンを
   フィーニクス Mk.XI  → スーパーフィーニクス Mk.XI(マークイレブン)
に換装した雪風君、エンジンテストのため南極までお出かけです。
 アニメでは「スーパーフェニックスマークイレブン」と言ってるように聞こえますが、フィギュアの説明書には「フィーニクス」と書いてあります。

 というわけで、フィギュアのエンジンもスーパーフィーニクスに換装しました。

 燃料も補給したし、いざ南極へ!!!
 
 
 そういえば、深井零役の堺雅人さん、「南極料理人」って映画にも主演してましたね。
 南極に縁があるのかなw
 


燃料

 ・・・・の前に。

 燃料補給の画面なんですけどね。

 いや、ホントどーでもいいことなんですが・・・・コレ計算間違ってね?w

 4500+4500+3000+3000+4700・・・何回計算しても19700になるんですが。

 ま、いいか(´・ω・`)



雪風12

 装備は機体中央、左右下部にドロップタンク計3個、主翼下にミサイルAAM-Ⅲのようです。
 話によってミサイルも使い分けてたんですね。
 気付きませんでした。



雪風13

 南極へやってきた雪風君。
 日本海軍に囲まれちゃいました。
 青い空と海で雪風君も青色に染まっています。



雪風14

 加速するために前進翼を反転させて後退翼へ。
 こんな細かいことしてたなんて気付きませんでした。
 フィギュアの翼は差し替え式なので差し替えて反転させます。

 ・・・・しかし、これ、ミサイルも後ろ向いちゃいますよね?



雪風15

 さらに加速するべくラムジェットモードへ。
 フィギュアは吸気口が閉じた状態のものから空いた状態のものへ差し替えます。



雪風16

 ドロップタンクを捨て、翼を折り畳んでフル加速。
 アニメでも、ミサイルはちゃんと後ろ向きになっています。
 ジャムセンスジャマーは当然フィギュアには実装されてませんので・・・。



雪風17

 ソニックブームを発生させながら全速力で敵を追いかける雪風君。
 フィギュアの説明書ではラムジェット時の最大速度はマッハ3.8となっていますので、おそらくこのときにそのくらいの速度が出ているのではないかと思われます・・・・気絶しそう。

 ちなみにこのあと、ミサイルで敵を撃墜するのですが・・・後ろ向きのミサイルでどうやったのでしょう・・・。
 アニメではちょっとぼかした表現になってるのですが、カッコイイ演出だと思ってたけど、実は誤魔化したとか・・?w



雪風18

 全速力で追いかけたので燃料カラッポ。
 無茶しやがる。



雪風19

 燃料補給のため日本海軍の空母へ着艦。
 着艦シーンがまた痛快。
 しかし、あの方法で着艦したら、パイロットはむち打ちになりそうです。



雪風20

 駐機状態がまたカッコイイんですよね!



雪風21

雪風22

雪風23

 一番お気に入りのシーン。
 実に愉快痛快で、このシーンばっかり何度も繰り返し見ちゃいました。
 敵視していた日本海軍のクルー達が歓声を上げるのがまたいいですよね。
 こういう話、大好きです。



 第5巻

雪風24

 このときは無人なんですが、めんどいのでパイロットを乗せたまま撮影しちゃいました。
 装備は垂直上昇用ブースター、機体中央にAAM-Ⅲ、エアゾルボム、主翼下部にクラスター爆弾、主翼上部にAAM-Ⅲのようです。
 まさにフル装備って感じですね。



雪風25

 無人でキャッキャウフフ状態で暴れ回る雪風君。
 ミサイル撃ちまくったり、クラスター爆弾で街を火の海にしたり、しまいにゃ人の真上にエアゾルボム投下というやりたい放題状態。
 まさに鬼畜の所行なのであります。



雪風26

 最後のミッションは空中戦仕様。
 機体中央にレーザー機関砲、機体左右にレーザー用の発電機、主翼下部にAAM-Ⅶ、主翼上部にAAM-Ⅲのようです。
 この後雪風君の大活躍により話は終結へ。


雪風27

 フリップナイト・システムという無人戦闘機。
 通称「ハンマーヘッド」
 雪風ではコクピットに当たる部分に核爆弾を搭載するおっそろしい戦闘機。
 雪風君のお供としてがんばりました。
 このハンマーヘッドもALTERから発売されています。
 詳しくはコチラ→ FRX-99 レイフ"TYPEハンマーヘッド"




 と、こんな感じで駆け足で確認してみましたが・・・確かにいろんな武器が登場してますね。
 全く気付きませんでした。
 しかしながら・・・フィギュアにはまだ使ってない装備がいくつかあります。
 上記以外の部分に装着するAAM-ⅢやAAM-Ⅶもありますし、なにより↓コレです。

te-011.jpg

 これはミサイルのAAM-Ⅴというものらしいですが、1回も使わなかったけど、どこに登場するんだろう・・・。
 と、ここでハッと思い立ち、もしやと思い第1巻を見てみると・・・

雪風28

 第1巻でメイブの前身であるスーパーシルフ雪風が使ってました。
 しかし、画面に思いっきり「AAM3」って書いてあるんですが・・・説明書ではこのミサイルは「AAM-Ⅴ」となっています。
 どっちがホントなのでしょう???

 

 なにはともあれ、最初は「パーツ多すぎやろ!こんなにいらんわ」って思ったけど、こうやって見ると、アニメの全シーンを再現できるよう、すべての武器を網羅してくれてて、制作者様のユーザーの欲望に答えようというサービス精神と愛情を感じますね。
 制作者様に感謝です。


 次はプレステの「フィロソマ」に登場した「F/A37ストレガ」をフィギュア化してくれないかな・・・。



 なんかめっちゃ長くなっちゃいましたが、もし最後まで読んでくれた方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました。

ALTER FFR-41MR メイブ 雪風 〈前編〉

 最初に・・・

 この記事は、ほぼ自分への記録&観賞用であり、自分で見てニヤニヤするためのものですので、興味のない方はすぐにブラウザバックされることをお勧めします。
 雪風が好きな方、戦闘機やSFが好きな方は一緒にニヤニヤしましょう。



 というわけで、買ってしまいました。

 何かというと・・・ コレ です。

yukikaze-005.jpg

 ALTER製の塗装済完成品、メイブ”雪風”です。
 大きさは1/100スケールです。


 どうでもいいかもしれんけど、買った経緯とか

 ガンダムとかのメカ系にはそれほど興味はないんですが(好きか嫌いかと言われれば好きですが)、戦闘機とかは大好きでして、小中学生くらいまではF-14、F-15、F-16などの戦闘機のプラモをよく作っていました。
 割と完璧主義な性格なので、作る以上、色をきちんと塗らないと気が済まないので、プラカラーでばっちり色を塗って完成させていました。

 その後プラモなどは作らなくなり、アニメもそれほど見る方ではなかったので、雪風の存在を知ったのはOVAが5巻出そろい、さらに数年後となります。
 最初に見たときから、「超カッコエエ!!」とハマッてしまい、特にメイブ雪風のフォルムは今まで見た戦闘機の中でも一番カッコイイと思いました。
 プラモとか欲しいな~と思いましたが、プラモは数量限定な上に発売後数年経過していたことから、すでにプレミアがついており、しかもアパート暮らしだと色を塗るときに部屋を汚してはまずいので、結局買うことはなく、できれば塗装済みの完成品が欲しいな~と思っていました。
 決して作ったり色を塗ったりするのが面倒くさかったわけでは・・・ゴニョゴニョ

 それから数年経ち、さすがに雪風に対する熱は割と冷めていたのですが、今回の発売を知り、ムクムクと欲しい病が起きあがり、購入となったわけであります。


 高いか安いかって言われれば・・・高くついた

 ちなみにワタクシ、この手のフィギュア(?)を買うのは初めてでして、年末頃に発売されるのを知ったんですが、発売されたら買おうと思って予約していませんでした。

 そしてそのまま忘れてしまい、最近になって「そういえばもう発売されたのかな?」と思って調べてみると、すでに発売済みでした。

 しかも、どこもかしこも完売で、まったく手に入らない状況でした。

 手に入らないとなるとどうしても欲しいワタクシは、某オークションで

  転売のために買い占めたであろう人に新品より4000円ほど高い金額

を支払い、なんとか入手することに成功しましたw(←おバカ)

 この手のフィギュアは少量生産で完売したらもう手に入らないに違いない!と自分に言い聞かせて納得しています(すぐに再販されたりして・・・)。 


 組み立て

 まあ、入手経緯はどうでもいいとして、早速箱を開けてみましょう。

yukikaze-006.jpg


 まず第一印象として・・・パーツ多すぎ!!

 アニメしか見てないんですけど、こんなにミサイルの種類あったっけ?って印象でした。

 
 そしてプラスチックの透明ケースを開けようとしたものの・・・完成済みのパーツがばらけないよう、針金で上下のケースをがっちり固定してあり、開けるのに30分くらいかかりました。
 箱から出すだけでかなり疲れました・・・。

 無事透明ケースを開けることに成功したので、あとは組み立てのみです。
 ただし、組み立てといっても、既に塗装済みの完成品ですので、自分の好きなシチュエーション用にパーツを変更するだけの作業です。

 まずはパイロットを乗せます。

yukikaze-008.jpg

 とっても小さいので、ピンセットでつまんでグイグイとコクピットに押し込めました。

 yukikaze-010.jpg

 無事乗ってくれました。

 一人は深井零で間違いないんでしょうけど、もう一人はブッカーでしょうか?
 シチュエーションによって乗せたり降ろしたりしろってことですかね?
 とりあえず
   面倒なので二人乗せっぱなし
にします。

 それにしてもコレ、塗装や質感などの完成度は素晴らしいんですが、パーツの強度がかなり不安です。
 なんか今にもパキッてやってしまいそうな・・・って思ってたら・・・

yukikaze-033.jpg


 ぎゃあああああああ 翼が折れたあああああああ

 オワタ・・・俺の雪風オワタ・・・

 翼のない戦闘機とかルーのないカレーより最悪やん・・・・



 と凹んだのもつかの間、どうやら翼は差し替え式だったようです。

 焦ったあああああ;;;;


 そんなこんなでとりあえず完成しました。

yukikaze-070.jpg

 カッチョエエエエエ!

 定価で1万2000円もするだけあって、さすがに完成度は素晴らしいですね。
 自分でプラモ作って塗装しても、こんなに綺麗に塗る自信はありません。
 高いお金を払った価値はありました。

 ちなみに、下のイラストは サークル「逆さ鳥落下」様の「IFF UNKNOWN」 です。

 とても格好いいイラストがたくさん載ってるので、オススメです。
 自分も描いてみようかな・・・。


 
 さて、とりあえずジロジロ見回して満足はしたのですが、それにしても気になるのはこのミサイルなどのパーツの多さです。
 こんなに何種類もの武器って登場したっけ?
 ひょっとして原作の小説で出てくる武器???

 とりあえずアニメもまた見たくなってきたので、アニメを見ながら武器を確認して、アニメと同じようなシチュエーションで撮影してみたいと思います。
 
オープニング

雪風3

雪風4

 OVA2巻のオープニングです。
 まだノーズに「雪風」の文字がなかったり、ジャム・センスジャマーを実装していない状態です。
 エンジンもまだ初期型なので吸気部分もラムジェットじゃありません。


雪風5

 3巻以降のオープニングにはしっかりと「雪風」の文字が書かれ、ジャム・センスジャマーも描かれています。

 しかしながら、ALTER製の雪風には、残念ながらジャム・センスジャマーは実装されていませんので、アニメと同じように発光させることは出来ませんでした(アタリマエ)。
 
 よく見ると、なにげに主翼にミサイルを搭載しており、細かい部分も2巻から変更されているようです。
 説明書によると AAM-Ⅶ というミサイルらしいです。


雪風6

  それにしても・・・

  どの角度から見てもカッコイイです。

  見れば見るほどニヤニヤしてしまいます。




 ・・・と、こんな感じで、メイブが登場する2巻以降を見ながら、アニメと同じパーツを装着して、装備を検証していこうと思いましたが、長くなったので、続きは次回やりたいと思います。

同人誌ランキング入ってた!

 3月13日から発売開始となった シリカの薄々な絵本② ですが、たくさんの方々に買っていただいているようで、

   本当にありがとうございます!

 売れれば売れるほど、「買って後悔した」という声が聞こえてくるのではないかとちょっとビクビクしながら毎日を送っております。



 で、そうなってくると、描いている身としてはどうしても気になること・・・それはやっぱりランキングです。

 気にしまいと思っても、人間だもの、やっぱり気になっちゃいます(´・ω・`)


 通信販売については毎日 こちら で確認できるのですが、これは通信販売のみのランキングなので、各店舗でどのくらい買っていただいたのかはわかりません。
 近場の店舗なら確認しに行けないこともないのですが、どうせなら入荷した全店舗分知りたいな~、どっかにそういうの載ってないかな~と 虎の穴さんのホームページ をジロジロ見てたら・・・ありました!

 各店舗の週間ランキング!さすが虎の穴さん!すばらしい!!www

 でもまあ、たくさんの人気サークルが割拠する虎の穴さんでランキングに入るなんて、ぶっちゃけ自分にはまだまだ無縁だろうと思いつつ、でもひょっとしたら・・・なんて淡い期待を持って見てみると・・・

 入ってました!

 同人誌売上ランキングに!!



虎A7F

秋葉原店A 7Fランキング 第4位!
 
 ひえ~っ!
 
 最初に見たときの正直な感想がこれでした。
 これは7階のみのランキングのようですね。
 秋葉原店はフロアごとに取り扱いジャンルが分かれており、SAOなどの小説が元となる二次創作のアダルト同人誌は7階にあります。
 ただし人気サークルになると、SAOでも6階にも並ぶようです。
 目指せ6階!ってところでしょうか。
 それにしても4位とは!たまげましたw

 さらになんと!

虎A総合

 秋葉原店A 総合ランキング第8位!

 ぬぅお~っ!

 言葉にならない声が変なところから出てきました。
 これは各フロアの成年向、一般向をひっくるめた同人誌の総合ランキングのようです。
 そこでまさかのトップ10入り!

 シンジラレナーイ!

 あの建物にある膨大な同人誌の中で先週8番目に多く売れたってこと!?
 
 アンビリバボー!

 ・・・・ピンぼけしてるけど、コレ、自分の同人誌だよね?w


 気をよくした私は、さらに調子こいて全店舗分調べてみましたwww (暇だなオイwとか言わないで)

三宮

 三宮店 成年向けランキング第9位!


千葉

千葉店 成年向けランキング第9位!

 あ!なんかPOPがついてる!
 でも読めない!!
 なんて書いてあるか気になる~www
 誰か千葉に住んでる人いないかな~ |ω・`)チラッチラッ


町田

 町田店 成年向けランキング第6位!


 と、こんな感じで結構ランキングに入ってました!


 まあぶっちゃけこれ、虎の穴さんが通販でも宣伝してくれたことにくわえて、先日、アキバBlogさんで取り上げていただいたことが多大な影響を与えているものと推察されますが・・・何にせよ、

 買ってくれた人、本当にありがとうございます!!


 ちなみに次はスグハを描こうと思っています。

 思ってるんですが、気持ちがフワフワと浮ついててなかなかはかどりません。


 そのうち進捗状況などご報告できればと思ってますので、よければまた見てやってください。



 -追記-

 アキバBlogさんの 週間アクセスランキング でも、「シリカの薄々な絵本2」の記事 が2位にランクインしたそうです。


アキバブログランキング



 やはり、アキバBlogさんで取り上げていただいたことで、みなさんに広く知っていただき、上記各店舗(特に秋葉原店ってことになるんでしょうか?)での売り上げランキングにつながったのでしょう。

 重ね重ね、アキバBlogの管理人様、ありがとうございます。

 

シリカの薄々な絵本② 販売開始しました

 以前お知らせした「シリカの薄々な絵本②」ですが、印刷の締切にもなんとか間に合い、先日から虎の穴様にて無事販売開始となりました。

 今回は虎の穴さんに販売前から宣伝していただいたこともあり、予約段階からたくさんの方に予約していただきました。

 虎の穴さん、買っていただいた方、本当にありがとうございます!!



 それにしても、虎の穴さんの存在というのは、ホントにありがたいなと、今回改めて感じました。

 私のような無名な素人が描いた同人誌を世の中の人々に知ってもらおうと思っても、個人の力ではどうにもなりません。
 その点、虎の穴さんのように全国の販売網があれば、文字通り全国の人々に、自分の描いた本を知ってもらい、さらには買ってもらう機会をいただけるわけです。

 虎の穴さんのホームページでは、店舗ごとの同人誌の入荷情報をチェックできるのですが、↓のとおり、北は札幌から南は福岡まで、私の同人誌が日本全国に散らばっていくのがわかります。

店舗



 当然っちゃ当然なんですが、なんかすごくないですかこれってw

 それにくわえて、 通信販売 でも取り扱っていただけるので、住んでる近くに店舗がないって人にも、買っていただくことが出来ます。

 ホントにありがたいことです。

 もちろん、買っていただいた人もありがたいのは言うまでもありません。m(__)m

 重ね重ね、買っていただいた方、ありがとうございます!

 使えねーよ! (・_・ )ノ"" ゜ ポイッ  てなことにならないよう、これからもがんばらねばですね。

 



 ・・・・ところで昨日からこのブログのアクセスカウンターが急激に回り始め、一体何が起きたんだと思ったんですが・・・おそらく、これが理由ではないかというのを発見しました。

 なんと・・・・あの アキバBlog 様にて、自分の同人誌が紹介されていました!

 
 アキバブログ



 ひえええ~っw

 アキバBlogといえば個人サイトとは思えないほどの影響力があるサイト、そういうのに疎い私ですら知ってるほど有名なサイトです。

 おそらく、いえ、間違いなく  この記事  が原因でしょう。

 アキバBlogの管理人様、ありがとうございました!

wacom cintiq24HD

 私の作業環境が変わったので、ちょこっとご紹介。

 現在まで、↓の写真のとおり、タブレットは

  cintiq12WX

というワコムの液晶タブレットを使っていました。

 ちなみに液晶はプリンストンのやっすい23インチです。

cintiq-1.jpg


 4~5年前に家電量販店で買ったのですが、買ってしばらくはそれなりに満足していました。

 しかし、慣れてくると段々もっと大きいのが欲しいなあと思うようになり、いつか大きいのに買い換えようと思っていました。

 

 そして、ついに・・・ついに買ってしまいました・・・

 その名も


  cintiq24HD!
K0000290727.jpg


 前々から欲しいな~と思っていたのですが、

  ・値段が高い(確か発売時は30万前後)
  ・デカイ(ともかくデカイ)
  ・重い(重量約30キロ)


という理由で二の足を踏んでいました。





 そのときは突然やってきた

 発売から1年半ほど経ち、上位機種も出たこともあってか、最近は値段も徐々に落ちてきており、安いところでは20万円を切るくらいまで値段が下がってきたので、そろそろ買おうかなと思っていました。

 しかし、24HDを買うなら机も買わねばとも思っていました。
 なぜなら、24HDは上記のとおり約30キロもの重量があるため、それなりに頑丈な机でなければ、設置することすらままならないからです。

 それまで使っていた机のガラス天板の耐荷重は30~40キロ程度と記憶していたため、耐えられなくもないかなとは思うのですが、絵を描くときに自分の体重をかけたとき、重量に耐えられず、ガラスが割れてしまうかもしれません。

 そうすると、ガラスとともに30キロの液タブが私の膝の上に落っこちてくる可能性があります。

 考えただけでもゾッとしますw



 というわけで、24HDを買うならまず机を買おうと思い、ちょくちょく探してはいたのですが、なかなか理想の机が見つかりません。

 私の理想としては、

  ①耐荷重80~100キロ
  ②キーボードスライダーがついている
  ③そこそこの値段(できれば2~3万くらいで)


と考えていました。

 しかし、①と③、②と③をクリアする机は割とたくさんあるのですが、3つの条件をすべてクリアする机は見つかりませんでした。


 そんなおり、某オークションに24HDが出品されていました。
 中古で保証も切れていますが、使用頻度も少ないらしく、箱や付属品も揃った美品のようです。
 それまでも某オークションはちょこちょことチェックしており、24HDもたまに出品されていたので、落札される相場もだいたいつかんでいました。
 当時、大体17万円ほどで落札されることが多かったと記憶しています。
 なので、「この値段じゃ落ちないだろうな~」と思いつつも、「落ちればラッキー」くらいの感覚で16万円で入札してみると・・・アラ?
 意外にもあっさり落ちてしまいました。
 
 (・・・ちなみに私が落札した数日後、価格.comの最安値が18万円ほどに暴落していました・・・ナゼダ!w
 ま、手に入れた今となってはもうどうでもいいことですがw・・・でもちと悔しい)




 
机を探せ!

 安くゲットできて嬉しい反面、これは困ったと思いました。
 まだ机が見つかってないからです。

 というわけで、急いで机探しです。

 最悪、↑の条件①と③をクリアする机を購入することを想定しながらも、「やっぱりキーボードスライダーはほしいな~」と思いつつ、ネットで検索すること数時間。


 ついに3つとも条件をクリアする机を発見!

 それがコレ↓

tukue.jpg
 http://item.rakuten.co.jp/enjoy-home/uni10018/


 耐荷重100キロにキーボードスライダーつき!
 値段も約9000円と格安です。
 安すぎて不安になるくらい安いです。
 いや、ホント大丈夫コレ?
 天板がガラスなんだけど・・・ちょっと怖いな・・・。


 などと思いつつも、もう24HDは落札してしまったし、悩んでる暇はありません。
 
 即購入です。


 しかし、いざ購入したものの、やはり不安です。
 その後、お店から注文確認メールがきました。
 そのメールを見ると、お店の所在地が

   福岡県大川市

となっています。

 その所在地を確認した途端、不安が一気に安心へと変わりました。

 福岡県の方ならご存知の方が多いと思いますが、福岡県大川市といえば家具で有名な街です。
 詳しいことは知りませんが、昔から「家具と言えば大川家具」というくらい有名なんです。
 ちなみに私は買ったことはありませんが・・・と、ともかく、有名なんですw

 その大川市で家具を売ってるお店なら大丈夫だろう!という何の根拠もない理由で不安は消し飛び、到着を待つことにしました。

 あ、ちなみに私も福岡県出身です。






 お預け!

 で、数日後、先に液晶タブレットが届きました。
 オークションの出品者の方がすばらしい方で、送料を負担してくれた上に、運送保険までかけてくれました。感謝!
 しかしいざ届いてみると、想像はしていましたが・・・・


 デカッ!!


cintiq-4.jpg



 箱の置き場に困るくらいでかいです。

 ふたを開けてみると、なにやら注意書きが書いてあります。

cintiq-5.jpg



 要約すると、「重いので二人で設置してね」ってことらしいです。
 しかしながら私はあいにくの独り身、一人で設置するしかありません。
 それ以前にまだ机が来てないので設置できません。
 なので、今日は眺めるだけ・・・カバーをとると・・・おお!


cintiq-6.jpg



 予想以上に綺麗な状態!
 液晶部分には傷一つ見あたりません。
 箱も付属品もすべて揃ってるみたいだし、すばらしい出品者様でホントラッキーでした。



 早く使ってみたかったのですが、結局その日は机が来なかったので、えさを前にして「待て」と言われた犬のように、文字通りお預け状態でした(´・ω・`)





 机キター

 次の日、机も到着しました。
 組み立ては自分でしなければなりません。
 箱を見てみると、なにやら手書きのような印刷のような文字でチョロチョロと書いてあります。


cintiq-2.jpg


 なんだかほっこりするメッセージです。
 こういう一見どうでもいいような小さな心配りが日本人らしくてすばらしいですね。
 そして箱をばらしていくとこんな感じでした。


cintiq-3.jpg


 ネジやパーツに番号がふってあるので、それを説明書どおりに組み立てていくだけです。
 プラモデルとか作ったことがある人なら、簡単に作れると思います。
 一応小さなドライバーも同封されており、何も工具を持ってない人でも組み立てられるようになっています。

 ↓でも、こういう電動ドライバーを一つ持ってると、さらに楽に組み立てることが出来るのでオススメです。
 

cintiq-17.jpg





 本日のメインディッシュ cintiq24HD

 机を1時間ほどで組み立て、いよいよ24HDの設置です。

 注意書きには二人でやれと書いてありましたが、先ほども述べたように、残念ながら私は独り身です。
 友人に設置を手伝ってもらうという手もありますが、

  今すぐ設置したい(;´Д`)ハアハア

という状態の私は、そんなの待ってられません。

 なんとか一人で持ち上げられないかと思いましたが、完全に腰をやられそうなので、そのまま持ち上げるのは断念しました。


 うーん、どうしたもんか・・・
 なんとか台座と液晶部分を切り離して、別々に持ち上げられないかな・・・


 と思い、ジロジロと見回したり、いろんなカバー部分をはずしてみたりしていると・・・


cintiq-7.jpg


 お!
 左右の裏面のカバーをはずすと、なんか怪しげなネジを発見!



 ※ここで用意するもの

cintiq-8.jpg

 ・普通のドライバー
 ・ロングドライバー(100円ショップで購入しました)



 この二つを駆使して、↓のようにネジをはずします。

cintiq-9.jpg



 さらに、アームを通じて液晶に伸びている↓のケーブル類を取り外します。


cintiq-10.jpg



 すると・・・


 
cintiq-11.jpg

cintiq-12.jpg


 見事に分離完了!


 ワコムのホームページを見ると、

  重量は28.6キロ

ですが、

  液晶部分だけだと13.7キロ
  スタンド部分は14.9キロ

ということのようです。

 この重量なら、液晶部分をおこたの上に置いても楽勝です。


 これなら一人でも簡単に設置できます。
 

 ↓ということで、見事に設置完了!
 
cintiq-13.jpg



 しかし、コレ・・・・


 机の上に机が載っとる!www




 うーんデカイ!w


 まあ何はともあれ、無事動作確認も完了して、これからcintiq24HDライフが始まります。
 まだほとんど使ってないので、そのうち使用した感想などを書きたいと思います。

cintiq-14.jpg






 例の机ですが

 ところで新しい机ですが、耐荷重100キロを謳っているだけあって、確かに重量的には問題なさそうです。

 しかし、気になる点がいくつか・・・


・クオリティは正直低い
 9000円なのでまあ、こんなもんでしょうってレベル。特に不満はありません。


・天板の位置が高い   
 一般的な事務用の平机と比較しても結構高い気がします。
 その上に液晶タブレットが載ってるので、キャンパスの位置はさらに高くなります。
 ただし、私としては腰をかがめずにかけるので、これは逆にラッキーでした。

・天板とキーボードスライダーの隙間が狭い
 正直、これが一番マイナスです。
 その隙間は 約7センチ ほどしかありません。
 今まで使っていた机は 9センチ ほどあり、キーボードスライダーをしまった状態でも手を差し込んでマウスを使ったりキーボードを操作することが容易でした。
 しかし、今回のは手を差し込んでマウスホイールをクルクル回したりすると、中指が天板に当たったり、キーボードを打とうとしても指の関節が天板にあたったりするので、スライダーを引き出してあげないとうまく扱えません。
 天板の位置が高いだけに、膝とキーボードスライダーの隙間は結構空いており、なおさら

  もうちょっとキーボードスライダーの位置を下げられなかったの?(´・ω・`)

と思ってしまいます。
  

 総合的には

 惜しい!

・・というのが正直な感想ですが、この辺は今後に期待ですね。




 という感じで、なんか奮戦記っぽくなりましたが、無事設置が終わってよかった!!

cintiq-15.jpg

シリカの薄々な絵本②

シリカ②表紙


 2013年3月頃発売予定。

 前回に引き続き、シリカ本です。
 今回はリズベットも巻き込みました。



シリカの薄々な絵本②0013


シリカの薄々な絵本②0017


シリカの薄々な絵本②0019


シリカの薄々な絵本②0027


シリカの薄々な絵本②0028


シリカの薄々な絵本②0030



 前回描いたシリカの同人誌は、ちょっと妥協してページ数を減らしてしまったため、まだシリカを描き足りないなあと思っていました。
 しかし、次はリズベットを描きたいと思っていたため、「じゃあまとめて描いちゃえ」ということで、乱交ものを描くことにしました。

 今回は絶対に妥協せず、満足するまで描こうと決め、調子こいてたら前回の1.5倍のボリュームになってしまいました。
 でも、その分、エロシーンもたくさん描けたし、自分的には「もうお腹いっぱい」って感じになったので、ちょっと満足しています。


 あとは、買っていただいた方のお役に立てることを祈るのみ・・・(-人-)




 ところで、今日から虎の穴さんで予約が始まったのですが、予約の段階でいきなり「虎のオススメ」コーナーで紹介してもらい、かなりテンションが上がりました。

 ↓ しかも、なんと通販コーナーのトップ絵の中に直リンクが!!


top絵




 トップ画面で紹介されたのは初めてのことだったので、テンションが上がりすぎて気持ちがフワフワしていますw

 虎の穴さんありがとうございます!


 

 そういえば、まだ裏表紙とか作ってないから、印刷の締切過ぎないようにしないとな・・・w



 ↓ということで、「シリカの薄々な絵本②」は虎の穴さんで予約受付中です!
 
 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/10/77/040030107765.html
訪問者の数
メールはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

まるころんど

Author:まるころんど
同人活動始めました。
「使える」同人誌を目指して、がんばって描いていきたいと思います。

リンク
このブログはリンクフリーです。
最新記事
最新コメント
ついったー
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去の作品など
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR